もっと知ろう緑内障
検査の種類

40代から要注意!まずチェック!!

● 検査の種類

検査 目的 頻度(原則)
視力検査 視力を測定する 毎回
細隙灯検査 眼の外側と内側の状態を観察する 毎回
眼圧検査 眼の中の圧力を測定する 毎回
隅角検査 房水の流れを調べる 年1回
眼底検査 視神経の状態を調べる 毎回
画像検査 網膜の断層像を確認する 年2~4回
視野検査 見えている範囲を調べる 年2~4回
40代から要注意!まずチェック!!
監修:安田典子先生(昭和大学医学部眼科学 客員教授・社会福祉法人あそか会 あそか病院 眼科)
  • 40歳以上の20人に1人が緑内障
  • 眼科に行って何をするの?
  • 治療中の方へ
  • もっと知ろう緑内障

このページの先頭へ