治療中の方へ
治療のアドバイス

ファイザー株式会社の点眼薬を使用中の方へ

病気をしっかり理解し、じっくり治療することが大切です

現時点では、緑内障を治療しても、一度障害された視神経を回復させることはできません。しかし、医師の指示通りに点眼薬などの薬物治療を続ければ、視野障害の進行をできる限り抑えることができるのです。そのため、高血圧や糖尿病などの慢性疾患と同様に、ご自分の病気を理解し、医師の指示にしたがって定期的な受診をおこたらず、じっくりと治療に取り組むことが大切です。

じっくり治療することが大切です。
監修:安田典子先生(昭和大学医学部眼科学 客員教授・社会福祉法人あそか会 あそか病院 眼科)
ファイザー株式会社の点眼薬を使用中の方へ
40代から要注意!まずチェック!!
  • 40歳以上の20人に1人が緑内障
  • 眼科に行って何をするの?
  • 治療中の方へ
  • もっと知ろう緑内障

このページの先頭へ