40歳以上の20人に1人が緑内障
緑内障は視覚障害の原因の第1位

40代から要注意!まずチェック!!

40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障

障害者手帳発行数から推定される、日本人における視覚障害の原因疾患の第1位は緑内障です。1)治療せずに放っておくと失明につながるおそれがあります。40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障と推定されていますが、なんと9割の方がまだ気づいていないと考えられています。2)

1)中江 公裕ほか:厚生労働科学研究研究費補助金 難治性疾患克服研究事業
網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成17年度 総括・分担研究報告書:263,2006(障害者手帳交付者の身体障害者診断・意見書の調査結果)より作図
2)Iwase, A. et al:Ophthalmology 111(9):1641,2004

● 日本人の視覚障害の原因疾患1)
日本人の中途失明の原因疾患

見えないことに気づいた時には、もう進行している?

緑内障はじわじわと見えない部分が広がっていく病気です。片方の目に見えない部分があっても、両目で見ているともう片方の目でカバーしてしまうため、見えない部分がかなり広がるまで気づかないことが多い、こわい病気なのです。

● 両目で補い合う視野
両目で補い合う視野

緑内障は必ず失明するのですか?

緑内障を早期に発見し、治療をきちんと受けて眼圧をしっかり管理できれば、多くの場合、失明に至ることはありません。早期発見と治療を継続することが大切です。

緑内障は予防できますか?

緑内障を確実に予防できるような効果的な方法はありません。
40代から要注意!まずチェック!!
監修:新家眞先生(東京大学 名誉教授・公立学校共済組合 関東中央病院 病院長)
  • 40歳以上の20人に1人が緑内障
  • 眼科に行って何をするの?
  • 治療中の方へ
  • もっと知ろう緑内障

このページの先頭へ