40歳以上の20人に1人が緑内障
緑内障の原因と症状

40代から要注意!まずチェック!!

緑内障の原因

緑内障は眼圧の上昇等によって視神経が障害される病気です。
しかし、どうして緑内障になる人とならない人がいるのか、また緑内障がどのように発症するのか、について詳しいことはまだわかっていません。

緑内障の自覚症状

緑内障はほとんど自覚症状がないまま進行していきます。 緑内障のタイプによっては、頭痛や吐き気が現れることもありますが、多くの場合は自分では気づかないので、40歳を過ぎたら定期的に眼科の検診を受けることをお勧めします。

緑内障の危険因子

  • ● 眼圧が高い
  • ● 高齢者
  • ● 両親や兄弟に緑内障の人がいる
  • ● 近視
  • ● 片頭痛

緑内障と白内障はどう違うのですか?

白内障も、緑内障と同様に40歳頃から徐々に増えてくる病気です。白内障は眼の中の水晶体(レンズ)が濁ることにより起こりますが、基本的には手術をすれば視力は回復します。しかし、緑内障は一度視神経に障害を受けると、二度と元には戻らない病気です。そのために、早期発見と早期治療が必要です。
40代から要注意!まずチェック!!
監修:新家眞先生(東京大学 名誉教授・公立学校共済組合 関東中央病院 病院長)
  • 40歳以上の20人に1人が緑内障
  • 眼科に行って何をするの?
  • 治療中の方へ
  • もっと知ろう緑内障

このページの先頭へ